弊社校正サービスの特徴
 測定器類の校正は、校正の精度、繰り返し性、再現性に気を配り、常に最良の状態を維持することは言うに及びません。

 当社では、測定器類の校正パラメータを決定する際は、先ず、関連分野に精通した熟練のエンジニアが、次の事項を重点的に考えます。

 ・ユーザ様がお使いの用途を充分に網羅している内容か?
 ・試験所認定の審査に耐えられる内容か?


 機器が持つ全ての機能の性能を確認することがベストであることは承知しています。しかし、それには多大な時間と費用が伴います。かといって、時間と費用を節約する為、多くの確認作業を省いてしまったのでは、校正を行う意味も薄れますし、ユーザ様のリスクも増大します。

 前述の要件を満たすことを前提に考え、これらをクリアーした場合は、以下の側面から再度見直しを行って、校正サービスへと展開します。

 ・過渡な校正内容になっていないか?
 ・コストワイズな内容か?


 これらの要件がクリアーできた後に、標準校正内容として、校正サービスへと展開していきます。

 なお、当社では、労力削減の為の安易な「校正の自動化」は行いません。理由は、熟練のエンジニアでないと発見できない数多くの機器の不具合や現象が存在するからです。また、そのようなエンジニアを育成する為にも手動での作業を基本としています。
Nagano
Tokyo
Copyright (c) IPS Corporation