モノポールアンテナの校正
 2004年10月より、自社によるモノポールアンテナの校正サービスを開始しました。この分野では国内では初めて米国NVLAP認定を取得しました。

 校正はIEEE 291規格で規定されている容量置換法にて行います。これは、CISPR 16-1-4 Paragraph 4.3 and Annex B、およびSAE ARP 958/J551-5の両規格で規定する内容と同等です。

 容量置換法(Equivalent Capacitance Substitution Method)で校正しますので、モノポールエレメントおよびカウンタポイズ(基準電位板)のご送付は不要です。本体および充電器のみお預かりします。

 是非この機会に弊社校正サービスをご利用頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
対応機種 ETS Lindgren (EMCO) 3301B
R&S HFH2-Z1 and HFH2-Z6
A.H.Systems SAS-550 Series

※上記以外にも対応可能な場合がございますので、お問い合せ下さい。
校正形態 NVLAP認定校正
校正内容 周波数範囲: 30Hz - 50MHz(機種および設定状態に依存します。)
校正項目: アンテナ係数
校正方法 IEEE 291-1991, Paragraph 2.4準拠 (容量置換法)
校正結果例
(グラフ)
Copyright (c) IPS Corporation