東京校正センターのご紹介
 校正業務拡充の為、2003年7月、首都圏に東京校正センターを開設しました。レシーバ、スペアナ、信号発生器、電界プローブ等の品目を中心とした校正サービスをご提供しています。2004年9月9日付けで、米国NISTより校正ラボとしてのNVLAP認定を取得しました。また、2005年9月9日付けで認定範囲を大幅に拡大し、レシーバ類、スペアナ類、パワーメータ類を中心とした40GHz迄のフルレンジでの認定校正が実現しました。

 同センター内には遮蔽特性90dB以上の電磁シールドルームを備え、弊社参照標準器群は、常時、室温23℃±3℃の環境下で維持管理されています。また、お預かりするお客様の被校正品についても、この環境下で保管させて頂いています。

 2009年3月、業務拡充の為、新たにG-TEM専用室を設置、社屋を330m2に拡張し、また、校正エンジニアの増員を図ることで、お客様の幅広いニーズに迅速にお応えできるよう、体制を整えました。

■米国NIST NVLAP認定
NVLAP Lab code 200679-0
認定分野 Calibration Laboratories
・Electromagnetics - DC/Low Frequency
・Time and Frequency
・Electromagnetics - RF Microwave
認定範囲
■認定範囲 (19p, pdf, 463kB)

■電磁シールドルーム仕様
室寸法 W 5.3 x D 3.5 x H 2.3 m
扉寸法 W 0.92 x H 2.0 m
空調 冷暖房完備(空調ハニカム)
電源 4kVA, FILCOIL電源フィルタ
遮蔽性能 150kHz-1GHzで90dB以上

■基本量の校正可能範囲
周波数 0.1Hz to 40GHz
低周波電力 3Hz to 300kHz, -16 to +30dBm
高周波電力 9kHz to 50GHz, -70(-60) to +20dBm
高周波減衰量 5Hz to 40GHz
インピーダンス 5Hz to 40GHz
Γ, VSWR 5Hz to 40GHz
時間 50s to 50ps

 弊社参照標準の主要な組立単位(measurand)は、米国NISTあるいは英国NPLにトレーサブルです。例えば、40GHzまでの周波数と高周波電力、18GHzまでの高周波減衰量は米国NISTにトレースしています。

 周波数については、GPS制御兼ルビジウム内蔵型の高精度周波数基準器を使用しています。(精度:1x10-12以上)

■標準器の主な沿革
年月 内容
2016年6月  5Hz〜3GHzの新型ベクトルネットワークアナライザx1台を導入しました。減衰量、ゲイン、インピーダンス、VSWRの各パラメータについては、5Hz〜40GHzのワイドレンジで、NVLAP認定校正でのご提供が可能となりました。
2009年5月  新型ベクトルネットワークアナライザ(VNA)を追加導入、計6台のVNAにより、今まで以上に信頼性の高い校正結果を、短納期でご提供します。また、併せて、最新鋭の信号発生器群、パワーメータ&センサ類、その他、各種校正補助機材も大幅に導入し、校正体制を強化しました。
2007年4月  9kHz〜8.5GHzまで対応の新型ベクトルネットワークアナライザと、18GHz迄対応の精密級N型校正キットを導入しました。米国Agilent社でNISTトレーサブルなA2LA認定校正を受けていますので、弊社がご提供する校正結果も従来通りUS NISTトレーサブルです。
2007年1月  最新鋭の40GHz対応のベクトルネットワークアナライザおよび精密級N, 3.5mm, 2.4mmの各同軸コネクタに対応した高精度メカニカル校正キットx3基を導入しました。これにより、計5台のVNAおよび6基の校正キットを使用することで、10Hz〜40GHz迄のフルレンジで、信頼性の高い伝送反射特性の測定が可能になりました。概要はこちら
2007年1月  10Hz〜46GHz迄の新たな周波数カウンタを導入しました。
2006年5月  8.5GHzまで対応の新型のベクトルネットワークアナライザ(VNA)を導入しました。これにより、米国NISTにトレースした計4台のVNA&校正キットを併用することで、今まで以上に高品質でタイムリーな校正サービスのご提供が実現しました。
2005年1月  最新鋭のGPS制御兼ルビジウム内蔵型周波数基準器を導入しました(精度:1x10-12以上)。詳細はこちら

■主な校正対応品目(詳細はこちら
レシーバ、パルス発生器、磁界メータ、信号発生器、
モノポールアンテナ、LISN、BAN、CDN、プリアンプ、
電界プローブ、電圧プローブ、電流プローブ、
方向性結合器、スペアナ、パワーメータ&パワーセンサ、
通過型ハイパワーセンサ、周波数カウンタ、擬似手、
ファンクションジェネレータ等

■所在地
名称 株式会社 アイピーエス
東京校正センター
住所 〒270-1101
千葉県我孫子市布佐935番地
TEL 04-7187-7311
FAX 04-7187-7312
校正部門
共通E-mail
こちら
マップ こちら(pdf file, 72kB)

東京校正センター外観
標準校正室
シールドルーム
GTEM室
4 x VNAs (10Hz-8.5GHz)
VNA (10MHz-40GHz)
VNA (9kHz-8.5GHz)
New VNA (5Hz-3GHz)
LF(100Hz-10kHz) absolute
amplitude accuracy
calibration of VNA
Time Base <1x10-12
Monitoring of GPS Satellites
Copyright (c) IPS Corporation