EMIレシーバの認定校正
 2004年9月、国内では初となるレシーバ校正のNVLAP認定を取得し、同年10月より校正サービスを開始しました。公平中立な第三者として、経験豊かな校正エンジニアによるプロフェッショナルな校正サービスをご提供します。

 また、NVLAP認定範囲の大幅拡大を図り、2005年9月9日より、40GHzまで18校正項目すべてをNVLAP認定校正でご提供できるようになりました。これにより、弊社発行の認定機関のロゴ付き校正証明書は、ISO/IEC 17025の要求事項に完全に適合します。

 もちろん、すべての校正結果には、ISO GUMに基づき評価した測定の不確かさの値(k=2)が明示されますし、校正に使用する標準器群は、US NIST(米国標準技術研究所)を中心とした国家標準にTraceableです。この証として、US NISTより校正機関としての立会審査を受け、NVLAP認定を取得しています。

 校正は、EMIレシーバの設計仕様書であるCISPR 16-1-1に基づき、主要な項目について実施します。

 あらかじめご予約頂ければ、校正は1週間以内に完了しますので、貴社での効率的な機器運用の一助になるものと確信しています。

 是非この機会に弊社レシーバ校正サービスをご利用下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
■トピックス9 1GHz〜18GHzのパルス応答の校正サービス開始!
 尖頭値・平均値・実効平均値の各検波器の1GHz〜18GHzにおけるパルス応答のNVLAP認定校正サービスを開始しました。
詳しくはこちらをご覧下さい。 (NOV/11/2013)
■トピックス8 AGILENT社 N9038Aの認定校正サービス開始!
 アジレント社より発売されていますEMIレシーバ N9038A (8.4GHzモデルおよび26.5GHzモデル)のNVLAP認定校正サービスを開始しました。
詳しくはこちらをご覧下さい。 (JUL/31/2012)
■トピックス7 レシーバのパルス応答の許容値の一部が改定!
 CISPR 16-1-1:2010-01(第3版)の発行に伴い、パルス応答特性のBand A (9k-150kHz)におけるPRF 5Hzでの許容範囲が緩和されました。
詳しくはこちらをご覧下さい。 (MAR/04/2010)
■トピックス6 CISPR Band Aの総合選択度特性の一部が改定!
 CISPR 16-1-1:2010-01(第3版)の発行に伴い、Band A (9k-150kHz)の総合選択度特性の一部が改定されました。
詳しくはこちらをご覧下さい。 (FEB/05/2010)
■トピックス5 CISPR受信機の総合選択度特性の規定が改訂!
 CISPR 16-1-1:2006(第2版)に対するAmendment 1が2006年9月に発行されました。これにより、従来の総合選択度の特性の一部が改訂され、また、1MHzインパルス帯域幅の総合選択度が新たに規定されました。弊社ではオプションにて、この規定に基づく校正をご提供しています。詳しくはこちらをご覧下さい。(SEP/15/2006)
■トピックス4 平均値検波器のIUDN妨害の応答特性の校正開始!
 CISPR 16-1-1:2006(第2版)の規定に基づいた「断続的不安定ドリフト狭帯域(IUDN)妨害に対する平均値検波器の応答特性」の校正サービスを開始しました。詳しくはこちらをご覧下さい。(JUN/26/2006)
■トピックス3 1MHz IFフィルタのインパルス帯域幅Bimpの校正開始!
 1GHz以上の測定に用いられる1MHz IFフィルタのインパルス帯域幅Bimpの校正サービスを開始しました。測定は均一なスペクトラム振幅を持つ校正されたパルス波で行います。詳しくはこちらをご覧下さい。(OCT/18/2005)
■トピックス2 平均値検波器のパルス応答の校正開始!
 2005年10月1日より、CISPR 16-1-1に基づいた平均値検波器のパルス応答の校正サービスを開始します。国内では唯一、弊社より同校正サービスをご提供します。詳しくはこちらをご覧下さい。(SEP/26/2005)
■トピックス1 標準納期 -> 1週間以内!
 さらなるリードタイム(納期)短縮の為、準尖頭値(QP)検波器校正用のパルス発生器および関連機材を追加導入しました。これにより、常時、並行した校正作業が可能となり、ハイエンドモデルであっても、納期1週間以内での校正が実現しました。(AUG/2005)
対応機種
(実績例)
R&S : ESVS10, ESVS30, ESHS10, ESHS30, ESV, ESH2, ESVP, ESH3
: ESS, ESN, ESMI, ESBI, ESI7, ESI26, ESI40
: ESIB7, ESIB26, ESIB40, ESCI, ESU8, ESU26, ESU40
  ESPI3
HP(Agilent) : N9038A (option 508, option 526)
  8542E, 8546A, 8574A, 8590EM-series*, E7400-series*
Schaffner : SCR3501/3502, SMR4503/4518
MEB : SMV41, SMV41.1
Schwarzbeck : FCKL1528, FCVU1534, FCLE1535
PMM : 9000
Kyoritsu : KNM2403, KNM6001
その他、CISPR 16-1-1に適合の各社EMIレシーバ

*) CISPR 16-1-1に完全適合のレシーバではありませんので、機器仕様範囲内での校正になります(CISPR 16-1-1で規定されている要求事項の一部は校正対象から除外させて頂きます。)
校正形態 NVLAP認定校正(認定範囲 9kHz〜40GHz、全18校正項目)
周波数範囲 9kHz〜40GHz
校正項目 ■R&S ESHS10/ESVS10/ESCS30の弊社標準校正項目
・周波数確度(基準オシレータ確度、周波数読取確度)
・入力インピーダンス (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.1)
・各検波器の正弦波電圧応答 (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.3)
・リニアリティ (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.3)
・QP検波器のパルス応答(絶対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.4.1)
・QP検波器のパルス応答(相対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.4.2)
AV検波器のパルス応答(絶対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 6.4.1)注)
AV検波器のパルス応答(相対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 6.4.2)注)
総合選択度(CISPR 16-1-1, Paragraph 4.5.1)
・ランダムノイズ(CISPR 16-1-1, Paragraph 4.7.1)
・ノイズレベル
注) CISPR Band A, Bが対象の為、ESVS10は校正対象外です。

■R&S ESIB 7/26/40, ESU 8/26/40 の弊社標準校正項目
レシーバモード
・周波数確度(基準オシレータ確度、周波数読取確度)
・入力インピーダンス (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.1)
・PK/QP/AV各検波器の正弦波電圧応答 (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.3)
・リニアリティ (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.3)
・内蔵プリアンプの応答
・QP検波器のパルス応答(絶対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.4.1)
・QP検波器のパルス応答(相対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.4.2)
CISPR AV検波器のパルス応答(絶対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 6.4.1)
CISPR AV検波器のパルス応答(相対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 6.4.2)
総合選択度 (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.5.1)
・IFフィルタの60dB/6dBシェイプファクタ(選択度)
・ノイズレベル
アナライザモード
・内部校正用信号確度
・レベル確度(周波数応答)
・IFフィルタの60dB/3dBシェイプファクタ(選択度)
・IFバンド幅切換確度
・ノイズレベル
・トラッキングジェネレータ出力確度(具備時)

■R&S ESCIの弊社標準校正項目
レシーバモード
・周波数確度(基準オシレータ確度、周波数読取確度、中間周波数)
・入力インピーダンス (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.1)
・PK/QP/AV各検波器の正弦波電圧応答 (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.3)
・リニアリティ (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.3)
・内蔵プリアンプの応答
・QP検波器のパルス応答(絶対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.4.1)
・QP検波器のパルス応答(相対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.4.2)
CISPR AV検波器のパルス応答(絶対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 6.4.1)
CISPR AV検波器のパルス応答(相対校正) (CISPR 16-1-1, Paragraph 6.4.2)
総合選択度 (CISPR 16-1-1, Paragraph 4.5.1)
・ノイズレベル
アナライザモード
・内部校正用信号確度
・レベル確度(周波数応答)
・IFフィルタの60dB/3dBシェイプファクタ(選択度)
・IFバンド幅切換確度
・ノイズレベル
・トラッキングジェネレータ出力確度(具備時)

■レシーバ共通オプション(別途、追加料金が必要です)
1MHz IFフィルタのインパルス帯域幅
CISPR AV検波器のIUDN妨害の応答 (Band A/B/C/D/E)
1GHz〜18GHzにおける尖頭値・平均値・実効平均値検波器のパルス応答
Copyright (c) IPS Corporation